宮城県

【プロダクトデザイン】キャンプ好きの心を掴むキャンプギアの商品開発&PR企画にチャレンジ!

株式会社本橋製作所 東北工場

組み立て式焚き火台の設計&PRから、商品開発のイロハを体得!

金属加工技術を活用して長年地域に貢献してきた本橋製作所とともに、キャンプ好きに愛される組み立て式焚き火台を実際にデザイン製作!PR企画まで行う商品開発プロジェクトです。

このプロジェクトについて

■ごあいさつ
本橋製作所は、1957年に神奈川県川崎市で創業した金属加工メーカーです。1997年に加美町に設立した東北工場でも、従業員39名が一丸となってお客様の要望に合わせて金属機器の設計、製造、組付、評価(検査)を一貫して行っています。通信機器や防衛機器、医療機器、航空機器など時代やニーズの変化にも技術力をもって応え続けています。

■プロジェクトについて
今回のプロジェクトを機に、本橋製作所の技術力を生かした新しい商品の開発にチャレンジします!近年キャンプグッズなどのアウトドア用品のニーズが高まっていますが、キャンプ好きに愛される組み立て式の焚き火台を皆さんと一緒に開発したいと考えています。その中でも特に、①「どんな商品にするか?」というプロダクトデザイン②「誰にどうやって売っていくか?」というブランディング企画の2点、デザイン設計〜企画までを皆さんと一緒に実現したいと思っています。①②の完了後クラウドファウンディングで出品する予定で、自信を持って販売ができる商品を一緒に開発するためのプロジェクトです。

■私たちの想い
本橋製作所は65年の歴史がある企業ですが、InstagramやYouTubeを運用するなど新しいPR方法も常に模索しています。今回のキャンプギア開発では、本橋製作所の設計〜加工までの技術力を活かして、加美町からハイクオリティーなギアを生み出したい!そんな本橋製作所の新たなチャレンジの第一歩を、皆さんとともに踏み出せることを楽しみにしています。

■東北クリエイティブアカデミーとは?
東北クリエイティブアカデミーは、大学生と地元企業がタッグを組んでクリエイティブなアウトプットを考案。3方よしの成果創出をめざす1ヶ月間のプロジェクトです。本プロジェクトでは「アート思考」「デザイン思考」の考え方を取り入れ、東北の中小企業とともに課題解決に取り組みます。企業や地域のリ アルに触れ、正解のない問いに対してより深く本質的に思考するプロセスと「クリエイティブなアウトプット」を創出することを大切に しています。

私たちはこんなチームです

金属加工を通じて地域に価値を生み出す技術屋集団

医療機器や航空機器など、金属加工技術を活用してお客様のニーズに応える商品を作る株式会社本橋製作所。宮城県加美町の東北工場では、39名の従業員がより高品質のものを製作すべく、日々技術と向き合っています。それだけではなく、遊び心も大切にして新製品の開発にも着手しています。時代やニーズの変化に合わせて、常にお客様や地域のために商品を製作し続けています。専門技術や地域貢献に関心がある人にとってはうってつけの環境です。

インターン生へのメッセージ

常務取締役 兼 東北工場長/井上浩良

ものづくりには「自分の思い描いたものを形にする」魅力があると考えています。当工場でも、依頼いただいた企業だけではなく、加美町の皆さんにも喜んでもらえる商品を考え製作しています。今回のプロジェクトは、皆さんが思い描いたもの、お客様に喜んでいただけるものを形にする機会にしていただけると嬉しいです。当工場は、そんな夢を持った方を応援する工場です。皆さんと一緒に商品開発ができるのを楽しみにしています!

プロフィール・・・茨城県つくば市出身。高校卒業後に飲食業界に進み、板前修行なども経験。その後本橋製作所に入社し、神奈川県川崎市の本社に勤務。2003年より加美町にある東北工場に所属し、現在は工場長を務める。生産の管理をしながら、アイデアを生かして自ら商品の試作品を作るなど、ものづくりを愛している工場長である。

団体概要
株式会社本橋製作所 東北工場
設立 1997年
代表者名 常務取締役 兼 東北工場長 井上浩良
従業員数 39名
WEBhttps://www.mot-net.co.jp/
住所 宮城県加美郡加美町米泉字西原1-5
テーマ
PR・メディア/ものづくり
職種
企画・商品開発/マーケティング・広報
仕事内容
活動において、インターン生の皆さんには以下を担当していただきます。

【1週目】
情報収集や相互理解、プロジェクト方針の考案
・本橋製作所や東北工場、金属加工についての理解
・加美町や地元の資源についての理解
・商品開発のコンセプトや方向性の決定
・商品開発、ブランディングの進行スケジュールの決定 など
【2週目】
プロジェクト進行
・商品デザインに向けた情報収集
・商品デザインの考案、試作品の作成
・ブランディング戦略の考案 など
【3週目】
プロジェクト進行
・試作品の改良
・商品デザインの決定
・ブランディング戦略、価格、販路等の決定
・商品のニーズ調査
・クラウドファンディング用文章・画像作成 など
【4週目】
プロジェクトまとめ、引き継ぎ
・成果の分析
・商品設計資料の作成
・ブランディング戦略まとめ資料作成
・プロジェクト報告資料作成、発表
・プロジェクト内容の引き継ぎ

※プロジェクトの進捗状況などによって、途中で変更になる可能性もあります
期待する成果
■必達
・焚き火台デザインの決定
・商品のブランディング方法の決定
・商品のネーミングの決定
■ストレッチゴール
・クラウドファンディングでの販売を前提にした商品PR企画、クリエイティブ制作
得られる経験
・商品開発に企画から関わる経験
・世の中のニーズに合わせたブランディング戦略、マーケティング戦略の考案
・商品の設計から製造までのプロセスを目の当たりにできる機会
・地域に入り込んでビジネスを展開する経験
対象となる人
・キャンプやキャンプギアが好きな人
・プロダクトデザインに興味がある人
・商品のブランディングやPRに興味がある人
・作って壊してを繰り返しながらクオリティーを追求できる人
活動条件
<このプロジェクトは、現地宿泊型です>
【活動期間】
2022年8月18日(木)~9月16日(金)の約1ヶ月間
*このインターンシップは、宮城県加美町と株式会社巻組が実施する「東北クリエイティブアカデミー」のプログラムです。
*すべての研修活動に参加可能であることがPJの応募要件です。

【活動頻度】週5日程度
*企業の営業時間内での活動が中心となります。
*活動の内容によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります。

【活動時間】
目安の1日あたりの活動時間:5~8時間程度・25時間/週
*研修を含むインターンシップ活動における全ての時間を含みます。

【活動方法】現地活動
*現地での活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、オンラインへの変更や中止となる場合があります。
*インターン活動時にはZOOMやSlack等のオンラインツールも活用します。(別途操作オリエンテーション等あり)
*現地での活動については大学ガイドラインの確認・同居家族の承認・個人ごとの心理的不安等を考慮した上で実施します。

▼研修日程一覧(予定)
8/18(木) 【インターンキックオフ研修】
8/19(金)【インターンキックオフ研修②】
8/24(水)【定例研修会】
8/31(水)【定例研修会】
9/7(水)【定例研修会】
9/15(木)【成果報告会】
9/16(金)【振り返り研修】

【このインターンシップは、宮城県加美町からの委託として株式会社巻組が実施するの「東北クリエイティブアカデミー」のプログラムです】
「東北クリエイティブアカデミー」は、宮城県加美町の「加美町地方創生インターンシップ事業」として実施します。
※このプロジェクトおよびプログラムへのついてのご質問・ご相談は、株式会社巻組(担当:佐藤 連絡先:info@makigumi.com)までお問い合わせください。
活動場所
活動:株式会社本橋製作所東北工場(宮城県加美郡加美町米泉字西原1-5)など
宿泊:
Creative Hub加美(宮城県加美郡加美町宮崎字町53-1)
https://makigumi.org/project/space/1321/
or
小野田サテライトオフィスMow-Mow(宮城県加美郡加美町南小路一番13-1)
https://re-localicocre.com/mow-mow/

※宿泊場所は採用決定後に調整
事前課題

ENTRY

地域ベンチャー留学にエントリーする

エントリーページへ
Back to top