和歌山県

もっとお客様に喜んでもらいたい!過疎地域への「できたてパン宅配便」ができる最大限のサービスを考えよう。

有限会社ヤナギヤ

移動販売は、人と人とのつながりや、温かいやりとりが生まれやすい!

「できたてパンの宅配便」は、パンと共に人の魅力や個性まで一緒に運べることが魅力です。人が介在する商品・サービスを提供することで新しい価値を提供できると期待しています。

このプロジェクトについて

【ヤナギヤが行う移動販売とは?】
私たちは、2115年から「できたてパンの宅配便」を開始し、現在は7地域(龍神村、伊南町、みなべ町、由良町、有田川町、湯浅町、有田市)に訪問するために週5日移動販売車を走らせています。高齢化に伴いパン自体の売り上げは減少傾向、燃料の高騰によりガソリン代も高くなっています。事業としては現状トントンといった売り上げで、今後さらに過疎化が進むと宅配便の存続自体が難しくなってくることが予想されます。

しかしお客様からは「週1回あなた(スタッフ)に会えて嬉しい」「楽しみにしている」などと声をかけていただいており、無理して1人の方が数多くのパンを購入いただくこともあります。このような声をいただける限り、私たちが「できたてパンの宅配便」を行う意味があると感じています。


【インターン生の募集背景】
「できたてパン宅配便」ではパンの提供がメインの業務ですが、担当スタッフをお客様が覚えてくださり、週1回の会話を楽しみにされていたり、ちょっとしたお手伝いをお願いされたりと頼りにしてくださる場面もありました。もっとお客様に喜んでもらえるように何かできないか、お困りごとを解決することはできないか、と日々模索しています。

また現在回っているルートにもう1ルート増やすこと、「できたてパン」よりアツアツの「焼きたてパン」を食べていただけるように本店・支店以外にもう1拠点作ることなど今後関わる人が増えるため、宅配便を行うスタッフに対するマニュアル(ルール決め)が必要になってきています。宅配便に同行いただき、私たちが行っていることに「プラスα」のサービスの提案とマニュアル制作をお願いしたいです。

高齢化する地域の課題解決を行いたい方、人を喜ばせることが好きな方、ぜひエントリーお待ちしています!

私たちはこんなチームです

お菓子、パンを通じて心を満たすスイーツの提案と日本一楽しいお店づくりを目指しています。そしてNOと言わないお店です。

私(宮所)がヨーロッパ、南フランスで生活していた頃の楽しかったこと、美味しかったこと、感激したことをこのヤナギヤで再現できたら幸せだなぁ~と思いました。

素朴で陽気な南仏プロヴァンス地方。南に広がる紺碧の海と北の豊かな恵みの山々をもつ和歌山の地はパンや菓子を学び住んだ南仏コートダジュールを思い出させます。彩り豊かな食材と笑顔と響き渡る賑やかなマルシェ(市場)の香りのする店舗。陽気なイタリアンとフレンチのエスプリが織りなすイタロプロヴァンススタイル。気取らない普段着のお菓子やパン達と心にいつも笑顔。パンとケーキとカフェを通じて、食べる楽しみやライブ感を味わうことのできる居心地の良い空間がお店のイメージです。

いつまでもこのような雰囲気のお店でありたいと考えています。
ボナペティとはフランス語で「楽しくお食事してくださいね」という意味です。私達はいつまでもパンやお菓子を通じて、食の楽しみを提供し遊び心を忘れない楽しいお店を目指しています!!

インターン生へのメッセージ

代表取締役社長(お客様相談係)/宮所 忠喜

宅配便は地域の方に愛されて続けられるものだと思っています。将来的には宅配便の車に綺麗なショーケースが取り付けられ、その中から焼きたてパンをお客様が選びとり、幸せになっている姿を想像しています。今回のインターンの募集は、その姿を実現させるために、気づきを私たちにドシドシ提案してください。楽しみにしています。

プロフィール・・・1956年7月8日、和歌山県御坊市生まれ。家業を継ぐべく、東京で修行。その後神戸ビコの店でケーキとフランスパンを学び、菓子の本場フランスでさらにケーキの修行を積む。和歌山に戻ってから父親のお店を1984年にケーキとパンのお店「ヤナギヤ」としてオープン。1990年には田辺店をオープンしさらに2001年カフェを増設するため移転、「ボナペティ ヤナギヤ 御坊店」をオープン。

団体概要
有限会社ヤナギヤ
設立 1928年
代表者名 宮所 忠喜
従業員数 40名
WEBhttps://www.bn-yanagiya.com
住所 和歌山県御坊市薗77-7
テーマ
観光・おもてなし/食・ライフスタイル
職種
企画・商品開発/営業
仕事内容
8/8(月) キックオフ・オンライン研修
和歌山県に入る前にオンラインにてキックオフ!
地域を知って頂くための研修を行います。コーディネーター(TODAY:吉田)が担当します。

★8/●()オンライン打ち合わせ(学生と企業との日程調整)
・和歌山県御坊市をテーマにしたオンライン講座
・事前課題の共有(全国・世界の移動販売の成功事例を調査)

8/17(水)〜9/16(金)現地滞在開始
※開始日については数日程度であれば学生の希望により調整可能です
【1週目】<地域理解&企業理解>
宅配便に同行
販売先で起こるさまざまな人の物語をInstagramで発信
宅配便の一連の流れを書き起こす

【2週目】<ヒアリング,リサーチ>
仮説を立てた上でお客様へヒアリング
マニュアルづくりを行う

【3週目】<企画立案>
+αの企画やサービス内容を立案
宅配便のスタッフ、社長にプレゼン

【4週目】<トライ>
宅配便においてプラスαのサービスを実施
マニュアルをスタッフ、社長に見せフィードバックもらう

★9/17(土)現地活動報告会
※双方が継続的な関わりを望んでいる場合は、インターン継続も可能です。

9/20(火)~9/27(火)@オンライン
【5週目】<引き継ぎ書類作成>
フィードバックをもとにマニュアルを完成させる

※宅配便にできる限り多く同行いただきます。その中でお客様とスタッフのやりとりも見ていただくことができます。
※+αのサービスや企画内容については気づいたことからトライしていきたいので上記のスケジュールに限らずどんどん提案ください。
期待する成果
・お客様にもっと喜んでもらえるサービスの立案
・スタッフも楽しんで取り組める内容の立案
・新スタッフがみて分かる安心安全なマニュアルの作成
得られる経験
・自分の企画で人を喜ばせることができる
・過疎地域の現状を知ることができる
・事業を俯瞰して見ることができる
対象となる人
・アイディアやひらめきを大事にしている方
・多世代の人とコミュニケーションを取ることが好きな方
・考えるよりも先に行動に移したい方
・文章にして事柄を伝えることができる方
活動条件
本インターンシップは、参加学生や受け入れ企業への健康を最大限配慮するとともに、インターンシップの成果を同時に高めていくべく、「オンライン/対面」のハイブリットにて実施していきます。

【プログラム参加にあたっての流れ】
-8/1〜/15 健康チェック・体温管理
現地でインターンシップをして頂くために、和歌山への滞在2週間程度前から、健康チェック・体温管理をして頂きます。

8/5(金) キックオフ・オンライン研修
和歌山県に入る前にオンラインにて地域を知って頂くための研修を行います。
コーディネーター(TODAY吉田)が担当します。

★8/●(●)事前打ち合わせ(学生と企業との日程調整)

-8/15(月)〜16(火) 和歌山への移動日
こちらの日程で、和歌山にむけて移動をして頂きます。また、到着する前にPCR検査、到着されてから抗原検査を受けて頂き、いずれも陰性で有ることを確認させて頂いた上で、宿泊先へご案内します。

-8/17(水)〜9/16(金) 対面でのプログラム実施
この期間は、各企業へ実際に行き、引き続きインターンシップを行って頂きます。

-9/17(土)報告会

-9/18(日)〜9/19(月)移動日

-9/20(火)〜9/27(火)@オンライン
引き継ぎ書類作成

※大学生協保険加入済みかどうかを確認した上で滞在していただきます。未加入の場合は滞在前までにお手続きをお願いします。また共済証書の写しを発行してお送りいただきます。
活動場所
和歌山県御坊市/オンライン

滞在場所はヤナギヤ御坊本店の「夢空間ふわり」2階(2-A・和室6畳・8畳)を使っていただきます。
写真:https://www.bn-yanagiya.com/space.html
宿泊費は無料です。食事はご自身でご用意ください。※キッチン有り
当日売れ残るパンや惣菜などご提供させていただきます。
事前課題
あり
※マッチング後に課題を提示します

ENTRY

地域ベンチャー留学にエントリーする

エントリーページへ
Back to top