宮城県

地域の自然エネルギー普及を加速させる、広報専門官募集!

株式会社パートナーズ

自然エネルギー普及率向上を目指し、信頼を集める動画コンテンツ作成!

自然エネルギー推進に力を入れる気仙沼市にて、太陽光発電の普及を行う同社で、動画を通した情報発信力向上を目指す!

このプロジェクトについて

<特徴1>太陽光を通して「人・まち・地球の元気をつくる」
今回のプロジェクトの受け入れ企業であるパートナーズは、宮城県気仙沼市でソーラーパネルの設計・施行を行っている、創業16年目を迎えた地域発の自然エネルギー系企業です。ミッションである「人・まち・地球の元気をつくる」ことを目指して、これからの地域づくりにおいてとても大切なエネルギーに関する事業を手がけています。
“エネルギーの自給自足”。世界的にみてもこれからさらに大きくなるテーマですが、特に日本の地域にとっては非常に大きな課題となっています。地域経済を支えるエネルギーを自給自足することで、これまで地域外に流出していた資産が地域内に残り、よりよい経済循環を生み出すことができます。そのためにパートナーズは、地域に密着し、お客様との良好な関係性づくりと技術力で、自然エネルギーの普及と啓蒙に大きく貢献しています。
そして今期から、パートナーズは新たな一歩を踏み出しています。今まで地域密着型で事業展開をしていたパートナーズが、事業のステージをあげ、自然エネルギーの専門家としてより多くの方から信頼を得るべく、事業展開をしています。今回のプロジェクトでは、まさにその一翼を担う「自然エネルギーについての情報発信力を高める」広報担当を募集します!

<特徴2>自然エネルギー先進地、気仙沼
東日本大震災から丸10年が経過した気仙沼市。地域産業も徐々に復興し、次の地域をつくる新たな挑戦も数多く生まれています。気仙沼といえば水産業、というイメージが強くありますが、実は沿岸部の中でも自然エネルギーに関する取り組み事例が多く生まれてる地域でもあります。世界初のバイオマスプラントの建設や、メガソーラーの敷設などが活発に進み、市外からも注目を集めています。そんな自然エネルギーの先進地となりつつある気仙沼において、地域に暮らす人たちにもその価値を広げ、地域全体で自然エネルギーの普及啓蒙につなげる、それがパートナーズが行う事業の意義です。
パートナーズは2006年に立ち上がった会社です。現在の事業は社長の澤井さん自身の、環境問題に対しての強烈な問題意識と志からスタートしたものでした。「環境問題を解決することで、地域に元気を生み出す一助になる」。事業開始から15年以上経過し、今では地域の中で「太陽光パネル」の会社として、大きな信頼を得ています。

<特徴3>地域全体を巻き込む事業へ
太陽光発電を始めとする自然エネルギー産業は、2020年10月を機に潮目が大きく変わり始めています。国は、2050年に二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすると宣言し、12月にはそのためのロードマップと言える「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を経済産業省が中心となって策定されました。これにより、日本全体で脱炭素に向けた動きが加速しはじめ、気仙沼市も「脱炭素社会の構築に向け,2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す」ことを表明し、「ゼロカーボンシティ」となりました。
そんな時代の流れの中で、この15年間市内の太陽光発電普及に取り組んできたパートナーズの存在は、地域の中でより一層重要な役割を担っていきます。そんな地域からの要請に対して、安心と信頼とともにサービス提供をしていくために、今回のプロジェクトによって発信される情報やブランドがとても重要になってきます。
パートナーズと一緒に、地域の自然エネルギー普及拡大の一翼を担ってみませんか!?

私たちはこんなチームです

人・まち・地球の元気をつくる

創業時の想いは、「地域に雇用をつくる」。
そんな想いで 株式会社パートナーズは、2006年9月に設立されました。
成功する事業と失敗する事業があるのではなく、成功する人と失敗する人がいる。
未来を良くするのも悪くするのも全て自分次第、成功するまで何度も挑戦し続ける。
「人」を中心に、当社はこれまで歩んで来ました。
より良い社会を築いて、未来に託す。
かわらぬ想いでこれからも歩み続けていきます。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/澤井 仁

「何の為に、今何をするか」
便利で不自由少ない社会、裕福な社会でありながら幸福ではない社会。
働く人、地域の人、世界中の人に優しく寄り添う幸福が当社の描く事業像です。
物心両面の幸福を求め、あなたは何に挑戦しますか?
そんな疑問に一緒に取り組みましょう。

プロフィール・・・1974年生まれ、45歳
新潟生まれ気仙沼育ち
気仙沼高校を卒業後、教師を目指して山形大学進学
水産会社勤務を経て、2007年株式会社パートナーズ入社、代表取締役就任

団体概要
株式会社パートナーズ
設立 2006年9月6日
代表者名 澤井 仁
従業員数 14名
WEBhttp://www.j-partners.co.jp/
住所 宮城県気仙沼市本郷10-13
テーマ
環境・エネルギー・バイオ/PR・メディア
職種
マーケティング・広報/編集・ライティング
仕事内容
○内容:太陽光・自然エネルギーやそれに取り組むパートナーズをPRする動画コンテツを作る!
パートナーズとして、これからさらに注目が集まる自然エネルギーに関する情報発信力を上げていきたいと考えています。自然エネルギーの導入を考えているお客様に向け、適切な判断や理解促進につながるよう、情報がより明確に届く動画という手段を使って、発信力向上に取り組んでいきます。

○スケジュール
●STEP1【開始~1週目】プログラムキックオフ+スタートアッププログラム
プログラムのスタートとして、受入企業、参加学生の皆さん全体でキックオフを行います。その後1週間程度は、インターンシップをより効果的に進めるためのスタートアッププログラムを開催します。
※スタートアッププログラムについては、下記「活動条件」をご参照ください。

●STEP2【2週目】プロジェクトキックオフ+スケジュール設計
本格的にインターンのプロジェクトがスタートします。プロジェクトごとに改めて、ゴールの共有やスケジュール設計を行い、次の3週間の動き方を決めていきます。

-具体的な実施内容(想定)
・パートナーズに対しての理解や事業についての知識を深める
・現状の情報発信状況について確認し、動画の位置づけや中身を考える
・具体的に発信するコンテンツの収集

●STEP3【3週目〜5週目】プロジェクト推進
設定したスケジュールと役割分担をもとにプロジェクトを進めていきます。受入企業、参加インターン生同士とは定期的にミーティングを行い、進捗共有を行っていきます。また、地域コーディネーターもプロジェクト推進を積極的にサポートしていきます。

-具体的な実施内容(想定)
・引き続き発信するコンテンツの収集
・動画の作成作業(場合によってはプロに関わって頂きます)

●STEP4【6週目】成果まとめ+最終報告会
これまでの活動成果をまとめ、3月中旬にある最終報告会にて発表して頂きます。報告会には、受入企業に加えて広く地域の方をお招きします。

●STEP5【6週目】修了研修
インターンシップ全体の修了研修を行います。インターンのプロセスを振り返り、自身の成長や学び、もっとこうしたほうが良かった点などを洗い出し、将来のキャリア形成に役立てて頂きます。
期待する成果
太陽光・再生可能エネルギーに関する動画制作を通して、会社の情報発信力を高める!
(現状のアウトプット先は会社WEBやFacebookページを想定)
得られる経験
・会社の魅力を掘り起こし、発信していく経験が得られる
・情報の受け手の考えを想像しながら、それにあった情報を発信していくスキルが得られる
・動画の構成や制作にあたってのディレクション経験を得られる
・すべての事業/プロジェクト推進の基礎となる「情報把握力」「マネジメント力」「仮説検証力」が身につく
対象となる人
・自然エネルギーや環境について問題意識がある人
・人の話を聴くのが好きな人
・探究心があり、自ら主体的に動くことができる人
※動画制作のスキルは必ずしも必要ありません。経験があればなおよし。
活動条件
本インターンシップは、参加学生や受け入れ企業への健康を最大限配慮するとともに、インターンシップの成果を同時に高めていくべく、「オンライン/対面」のハイブリットにて実施していきます。

【プログラム参加にあたっての流れ】
-2月1〜12日 健康チェック・体温管理
現地でインターンシップをして頂くために、気仙沼への滞在2週間程度前から、健康チェック・体温管理をして頂きます。

-2月8〜11日 キックオフ・オンライン研修
気仙沼入りする前に、オンラインにてキックオフや地域を知って頂くための研修を行います。

-2月12〜13日 気仙沼への移動日
こちらの日程で、気仙沼にむけて移動をして頂きます。また、到着する前にPCR検査、到着されてから抗原検査を受けて頂き、いずれも陰性で有ることを確認させて頂いた上で、宿泊先へご案内します。

-2月14〜18日 オンラインでのプログラム実施
気仙沼到着数日間は、様子見も兼ねて宿泊場所からオンラインにてプログラムに参加して頂きます。

-2月21〜3月11日 対面でのプログラム実施
この期間は、各企業へ実際に行き、引き続きインターンシップを行って頂きます。

-3月12〜13日 気仙沼からの移動日
こちらの日程で、気仙沼からそれぞれのご自宅へ移動をして頂きます。

-3月13〜18日 オンラインにて成果のまとめ
最終1週間は、オンラインにてそれぞれのチームでやり取りを進めてもらいながら、成果をまとめて頂き、最終報告会にて発表して頂きます。

-3月18日 18:30〜20:30(予定) 最終報告会
これまでのインターンの成果を発表頂く報告会を実施します(オンライン)。

【具体的なスケジュール】※内容は若干変更になる可能性があります
-2月8日(火)17:00-19:00 プログラムキックオフ/全体顔合わせ(オンライン)
-2月9〜10日 地域理解研修(オンライン)
-2月12〜13日 気仙沼への移動日
-2月14〜15日 ビジネス研修(オンライン)
-2月16日 プロジェクトキックオフ(オンライン)
-2月16〜18日 プロジェクト推進期間(オンライン)
-2月21〜3月11日 プロジェクト推進期間(対面)
-3月12〜13日 気仙沼からの移動日
-3月14〜18日 成果まとめ期間(オンライン)
-3月18日(金)18:30〜20:30 成果報告会(オンライン)
-3月19日(土)13:00-17:00 修了研修
活動場所
-オンライン期間中:自宅等オンライン環境が整っているところであれば、どこからでもご参加頂けます。

-対面期間中:パートナーズ事務所
事前課題
あり(決定者に通知します)

ENTRY

地域ベンチャー留学にエントリーする

エントリーページへ
Back to top