北海道

街をつくる!【北海道十勝】と【ものづくり】の魅力を伝えるプロジェクト!

株式会社創造設計舎

十勝×設計・ものづくり業界の魅力を取材し・掘り起こし・発信!!

ものづくりの業界は魅力的な仕事をしている人が多いのにも関わらず、業種の専門性や広報不足から人材不足が課題です。自社を含め各企業と働く人々、お客様の取材を通じて魅力を発掘し、発信する仲間を募集します!

このプロジェクトについて

株式会社創造設計舎は帯広とかちを中心に様々な公共施設や民間施設の設計を主に担っている会社です。

現在、設計依頼に対して、業界の人材不足・後継者不足により供給が追いついていない状況があります。

また設計事務所・ものづくり業界について十分に知っていただく機会が不足していることも課題であると感じています。

十勝における設計やものづくりの仕事は面白い!魅力的だ!ともっと多くの方に感じていただくには、まずは自社も含めて業界全体の魅力を発信する必要性を感じ、今回インターン生と共に取り組みたいと思いプロジェクト化しました。

インターン生の皆さんには、自社も含め設計事務所・ものづくり企業にヒアリングし、魅力を発掘していただきます。その後、発信媒体と内容の提案をしていただき、提案いただいた媒体の作成と完成後は配布先の段取りとアンケートの作成まで取り組んでいただきたいと思っています。

私たちはこんなチームです

若いうちから様々な挑戦の機会が得られる会社

創業47年のとかち帯広を中心に官民問わず様々な設計を担う建築設計事務所です。創業者の「設計に付加価値を付ける」という想いを継承し、常に新しいことに挑戦し、使いやすくデザイン性や環境性に配慮した建物を設計してきました。
現在社員は9名で若い社員も多く、ベテランのサポートの元、若いうちから設計に関わることができ、個人の成長や仕事のやりがいを感じることができます。

インターン生へのメッセージ

取締役副社長/浜野 祥一

日本の未来を担う学生の皆さん、こんにちは!
若い学生が入る度に学ぶ姿勢や、仕事の吸収力が強く、感心するとともに私自身も大きな刺激を受けております。
ただ、仕事の需要に対する供給が追いついておらず、なかなか仕事の魅力を発信する広報にまで手を伸ばせていないため、業界全体の人材不足が課題となっております。
また、北海道十勝は可能性を秘めた広大な土地があり、食料自給率が1100%!かつニューノーマルな時代に即してインターネット回線も5Gの環境が徐々に整いつつあります。都会の人には見えているけど、住んでいるからこそ地元の人には見えていない魅力があり、その部分を伝えていければ北海道十勝にもっとたくさんの移住者が増えていくと思います!
是非学生のもつ勢いや発信力でこのプロジェクトに挑戦していただければと思います!

プロフィール・・・広尾町で酪農家の長男として生まれる。
建築の専門学校に進み、建築の魅力を知る。
株式会社 創造設計舎に入社し、入社当初はお客様のためにひたすら仕事に打ち込む。
様々な設計を経験する上で、設計は幅広い知識と常にアンテナをはり、デザイン力や新しい技術を学ぶことが重要だと知る。
知識が増えれば増えるほど提案できることも増え、この仕事のやりがいや面白さに改めて気づく。(入社して10年くらいかかりました)
この魅力を社員や、日本の未来を担う学生、現在別の仕事をしているが、新しい挑戦をしたい人などに届けられればと感じております。

団体概要
株式会社創造設計舎
設立 1997年
代表者名 代表取締役社長 太田 豊
従業員数 9名(うちパート1名)
WEBhttp://www.souzo.info/
住所 北海道帯広市公園東町1丁目6番地1
テーマ
PR・メディア/ものづくり
職種
マーケティング・広報/編集・ライティング
仕事内容
◆STEP0 ◆1月31日
・オンラインにてスタートオリエンテーション
自己紹介・プロジェクトの目的ゴールを改めて確認、契約書類の締結、質疑応答

◆STEP1 2月7日〜2月10日@帯広◆
・自社の仕事現場に同行。
(設計事務所の仕事の大枠を知っていただく)
・社内で働くスタッフとのコミュニケーション。
(業界の魅力や課題を見つけていただく)

◆STEP2 2月14日〜3月11日@帯広◆
・ターゲットの決定。
十勝×設計・ものづくり業界の魅力をまずは誰に届けるのかを明確にするために話し合い決定する。

・ヒアリングする企業(お客様含む)と取材内容を決定。
どんな内容をどんな媒体を通じて発信するといいかを仮決めし、それに基づきヒアリング

・企業・お客様へ実際にヒアリング、写真(動画含む)撮影の実施

※発信は紙媒体+電子媒体を検討中。
対象者に対して最適な成果物は何かを議論・熟考し、最終決定。

◆STEP 3 3月14日〜3月18日◆
・魅力ポイントの情報整理、発信する内容の企画提案。

◆STEP4 3月22日〜4月15日◆
・発信媒体の制作を開始し、完成させる
・完成品の配布先の選定と段取り、アンケートの作成。
・インターン実施報告会
期待する成果
・十勝の設計事務所・ものづくり業界について・仕事の面白さ・やりがい・どんな企業があるのかを知っていただき、魅力的な業界であると感じていただくための成果物を制作すること。
・成果物を配布した先でアンケート調査を実施した結果、 回答者の7割以上が魅力的な業界に感じたと回答すること。
得られる経験
・魅力を掘り起こし、発信していく経験が得られる
・情報の受け手の考えを想像しながら、それにあった情報を発信していくスキルが得られる
・設計、ものづくり業界で働く方々との会話の中で、その方のお仕事への想いや大切にしている価値観を引き出す質問力・コミュニケーションスキルを磨くことができる
・地方における人材不足の解消という正しい答えのない課題に取り組む経験が得られる
対象となる人
・設計・ものづくり業界に興味がある人
・地方の人材不足、後継者不足問題に関心がある人
・様々な方のお話を伺うことが好きな人
・写真または動画撮影が好きな人
・伺った内容を整理し、アウトプットすることが得意な人
・多種多様な価値観を持った人たちと関わること、協働することが好きな人

上記のうちいずれかにあてはまる方
活動条件
・以下の日程で取り組める方。
2月7日〜3月11日:週5日24時間以上
3月14日〜4月15日:週5日20時間以上

・2月3日〜3月11日までは企業さんへの取材が主なので、
帯広に住み活動ができる方。
その後は引き続き現地に住んで活動も可能ですし、
自宅に戻りオンラインインターンで継続いただいてもOKです。

・活動支援金あり 50,000円(月)
活動場所
・北海道帯広市公園東町1丁目6番地1
とかち帯広空港から車で約45分。

・宿泊先はシェアハウス(個室・女性専用フロアあり)です。
家賃(水道光熱費込み)は弊社負担です。

・現地までの交通費、滞在中の食費・生活費は
学生負担にてお願いします。
事前課題
ものづくりの魅力や一つの建物を創り上げるまでの過程において、様々な立場の視点での情熱を綴った、私自身建築の魅力に取り憑かれる要因の一つとなった「光の教会―安藤忠雄の現場」という書籍があります。こちらの書籍を読んでいただけると、活動がしやすくなるかと思いますので、事前に読んでいただきインターン初日に感想を聞かせていただければと思います。

ENTRY

地域ベンチャー留学にエントリーする

エントリーページへ
Back to top