岩手県

ホタテ漁師による飲食店集客キャンペーンの企画インターン生募集!

株式会社隆勝丸

密なコミュニケーションによる企画立案で漁師・飲食店・お客様を幸せに

ホタテ第一主義の漁師と共に、飲食店を盛り上げるキャンペーンの企画立案を行うインターン生を募集します。熱意とコミュニケーション力をもって、漁師・飲食店・お客様、三方よしな企画の成功を目指します。

このプロジェクトについて

■特徴1: 「ホタテで世の中を幸せで満たす。」
株式会社隆勝丸は、岩手県宮古市の日出島地域を拠点に、ホタテやホヤなどの養殖事業をはじめ、三陸の食を発信する販売事業、釣船等のマリンレジャーといった、海を包括した総合的な事業を行っています。
日出島漁場は外洋の荒々しさと内湾の静けさを合わせ持ち、潮通しがよくプランクトンが豊富。ホタテは、漁場から直接採苗したホタテのラーバ(赤ちゃん)から育てる、完全地場生産です。時化(しけ)でホタテが落下するリスクがありますが、あえて過酷な環境で育てることによって、貝柱が厚く、歯ごたえ抜群の甘いホタテに育ちます。「隆勝丸」ブランドとして市内飲食店で愛されるほか、インターネットを通じて首都圏をはじめとする個人客にも販売しています。

■特徴2: 株式会社化し事業拡大を目指す脱サラ漁師
岩手県内陸部出身である代表取締役の平子昌彦さんは、妻の実家のホタテ養殖を手伝っているうちに漁師の仕事に魅力を感じて宮古市に移住しました。「漁師の魅力は、広大な海を相手に仕事をすること。時には海の脅威を目の当たりにしたり、時には海の優しさを感じたり、良いことも悪いことも100%自分に返ってくる」と語ります。
東日本大震災で義父が亡くなった後に独立し、7年が経った2018年10月に法人化しました。漁業者が減少し後継者がいない漁家が多い中で新規漁業者の育成に取り組むほか、釣り船事業や子どもを対象とした漁業体験、外国人観光客の受け入れなど、新しい事業に積極的に取り組み、漁業から地域を盛り上げようと挑戦を続けています。
【平子社長の紹介動画(ヤマハ発動機Field Born「海の恵みをわかちあう」)】
→https://youtu.be/I98Q_ZcHJwY

■特徴3: 飲食店を応援する集客キャンペーンを企画
2020年、新型コロナウイルスの影響により宮古市への観光客が激減。さらに市民が外食を自粛することで市内飲食店から客足が遠のき、ホタテの卸売販売の数量が激減しました。そのような状況が続く中、インターネットによる販売で売り上げを保つ努力をしつつも、店主とのつながりを大事にする平子社長は飲食店の応援をしたいと立ち上がります。
2021年9月、取引のある9つの飲食店とタイアップして「ホタテまつり」と称したキャンペーンを開催。スタンプラリー形式で、各店が提供する美味しいホタテ料理を食べ歩いてもらおうと企画したものです。しかし、市内で新型コロナウイルスの感染が急拡大したことで、期待していた集客を達成することができずにキャンペーン期間が終わってしまいました。
今回のインターンシップは、そのリベンジ企画。インターン生には、隆勝丸ホタテを活用し、9つの飲食店での集客キャンペーンの企画運営に挑戦してもらいます。前回の企画から一年が経過した現在、コロナウイルスの影響は徐々に減り、飲食店にもお客さんが戻りつつありますが、まだ最盛期には及んでいません。改めて取引先の飲食店を応援すべく、各店に足を運ぶきっかけとなるような企画運営の再チャレンジです。
飲食店の店主の方々と密にコミュニケーションを取りながら、お客さん、飲食店、隆勝丸の三者にとって良いキャンペーンの立案・企画に挑戦してみませんか?海やホタテが好きな人、飲食業や集客イベントの企画に興味がある人、大歓迎です!

私たちはこんなチームです

ホタテで世の中を幸せで満たす。

株式会社隆勝丸は、ホタテやホヤなどの養殖をはじめ、遊漁船業や観光、直販事業といった、海を包括した総合的な事業を行っております。

日本でいちばん、ホタテに”幸せだな”って思ってもらえる仕事をしよう。

我々隆勝丸は、健康的で元気なホタテを育てるため、ホタテ第一主義をモットーに行動しております。
ホタテが幸せなら、世の中も幸せになれると信じております。
ホタテは幸せの象徴です。順風満帆、夫婦和合などの意味が込められており、お祝い事や門出の贈り物などに最適です。

ホタテを通じて海の魅力や素晴らしさを伝え、担い手を増やし、皆様に幸せを届けて参ります。

インターン生へのメッセージ

代表取締役/平子 昌彦 (たいこ まさひこ)

我々隆勝丸は新たな漁業を目指して活動しています。
漁だけではなく、海という資源をフル活用した事業を行っています。

コロナ禍により飲食店などが大打撃を受け、海産物の消費が落ち込み価格安の状態が続きました。
生産者にとって飲食店は大切なパートナーです。
精魂込めて育てた物、命懸けで獲った物を料理して消費者に提供してくれる、かけがえのない存在です。

今回のプロジェクトでは、日頃お世話になっている市内飲食店様に感謝と応援を込めて集客キャンペーンを行います!

インターン生だから出来る事は必ずあります。
みなさんの行動力が発揮できるプロジェクトなので、我々と一緒にプロジェクトを成功させましょう!

プロフィール・・・1980年11月29日盛岡生まれ盛岡育ち
1999年3月に岩手県の紫波高等学校を卒業後、岩手ニッカン株式会社に入社
2006年3月に退社し、4月から妻の実家で営んでいたホタテ養殖業に従事。漁師の仕事に魅力を感じ、盛岡から宮古市へ移住を決める
2011年東日本大震災で義父が亡くなり、独立を決意
2018年10月に「株式会社隆勝丸」として法人化
現在、宮古漁協理事、宮古漁協青壮年部部長を務める

団体概要
株式会社隆勝丸
設立 2018年10月1日
代表者名 平子 昌彦
従業員数 6名
WEBhttps://www.ryushomaru.co.jp/
住所 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎15-5-1
テーマ
農林水産・6次産業/食・ライフスタイル
職種
企画・商品開発/営業
仕事内容
ホタテを活用して飲食店にお客さんを呼び込むキャンペーンを企画、運営する
(1,2週目はオンライン、3週目以降は現地活動を予定)

【ステップ1】
●事業理解、仮説設定(1~2週目:40時間)※オンライン
隆勝丸について理解を深めるためにオンラインでの研修を実施します。
隆勝丸のホタテの魅力や取引先の飲食店の特徴などについて理解を深めてもらいます。
キャンペーン企画に先立って、飲食店のニーズや地域住民のニーズについての仮説を立て、現地活動が始まってから調査すべき内容を挙げていきます。

【ステップ2】
●ニーズ調査、仮説検証 (3週目:40時間)※以降、現地活動
現地活動の開始。実際の漁場でホタテの養殖作業を体験します。水揚げから出荷までの一連の体験を行い、ホタテを取り扱うことに対して当事者意識を持ちましょう。
飲食店への挨拶周りを行います。取引先の9店舗を回り、店主とお客さんのニーズを再確認していきます。密なコミュニケーションを取りながら、ステップ1で立てた仮説を適宜修正しましょう。
並行して、キャンペーンの集客に向けて隆勝丸SNS(Instagramなど)発信によるプロモーションを行っていきます。

【ステップ3】
●企画立案・準備、プロモーション(4週目:40時間)
ステップ2で得られた調査結果を基にキャンペーン企画立案を行います。平子社長や従業員の皆さんとの意見交換を行いながらブラッシュアップしていきましょう。飲食店の店主との打ち合わせを続け、企画内容を確定します。
引き続きSNSでのプロモーションを続けていきます。

【ステップ4】
●キャンペーン準備、実施(5~6週目:80時間)
キャンペーンの準備を本格的に開始します。SNSの他、各種媒体を活用し、プロモーションを行っていきましょう。
キャンペーンの結果が検証できるよう、アンケートなどの準備も行います。
企画内容により必要に応じて、飲食店の営業を手伝い、キャンペーン実施のサポートを行います。
※この時期に宮古秋まつりが開催予定。キャンペーンの効果を高めるチャンスです!

【ステップ5】
●振り返り、引継ぎ(7週目:40時間)
アンケートの取りまとめ、飲食店の店主へのヒアリングを通して、キャンペーンの効果を検証します。
次回以降の企画に役立てられるよう、平子社長や従業員に報告し、引継ぎを済ませて終了となります。
期待する成果
対象ごとに以下の目標を達成し、三方良しのキャンペーン成功を目指す
・(地域住民)地元のお店を開拓する、ホタテ料理を楽しむ
・(飲食店)新規顧客を呼び込む
・(隆勝丸)隆勝丸ホタテの認知を向上させる
具体的な目標数値は平子社長との合意で決定
得られる経験
・ホタテの養殖現場から飲食店での料理の提供に至るまで、食品の生産と流通を見通す経験
・一次産業の生産者、飲食店の店主と綿密にコミュニケーションを取り、双方の立場で良い企画を考える経験
・集客、販促、売上など、数値目標を立てて企画を実行する経験
対象となる人
・海や海産物が好きな人
・プロジェクトに当事者意識を持ち、他人任せにせず自ら進んで考え動ける人
・人見知りせず、年上の方と積極的にコミュニケーションを取れる人
・一次産業や飲食業に興味があり、食品のプロモーションや企画立案にチャレンジしてみたい人
活動条件
<このプロジェクトは、現地滞在型です>
【期間】
【令和4年8月8日〜9月23日の7週間程度(8月8日の週はオンライン研修期間)】を予定しています。この期間以外の活動を希望する場合は、企業と協議のうえ、期間を設定します(現地活動の日程、日数は応相談)。
※現地活動については、新型コロナウイルスの感染状況等によって、時期や活動内容を変更する場合があります

【活動頻度】
オンライン:週5日、1日4時間程度(週20時間程度)
現地活動:週5日、1日8時間程度(週40時間程度)

【活動時間】
受け入れ企業の通常業務時間内で1日4〜8時間程度、確保してもらいます
※活動の内容・進み具合によっては、上記以外の日程・時間で活動することがあります

【宿泊】
宮古市内の宿泊施設(企業側で準備)

【参加条件】
・自分用PCがあり、自宅にインターネット環境が整っていること
・インターンシップ開始までに、インターンシップ活動が適用になる保険(損害賠償保険、傷害保険)への加入をお願いします

【参加までの流れ】
下記リンク先のwizHP『参加までの流れ』を確認ください
https://npowiz.org/wizintern/internflow

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田 連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所
1~2週目はオンライン
3週目以降は現地(隆勝丸社内、日出島漁場および宮古市内)
事前課題
有り(マッチング成立後に個別調整)

ENTRY

地域ベンチャー留学にエントリーする

エントリーページへ
Back to top