募集中

東北
【新規事業】ゼロから事業を生み出せ!異業種出身の若き跡継ぎと切り開く水産業の未来プロジェクト!!

大手商社出身の跡継ぎと共に「攻めの水産ビジネス」を新規提案せよ!!

日々、変化し続けるビジネスの世界において、変わらないことは衰退を意味します。大手総合商社出身の若き跡継ぎと共に「守り」ではなく、「攻めの新規水産ビジネス」を作り上げませんか。

このプロジェクトについて

【特徴1:石巻の仲買人】
大正元年に創業し、石巻の水産品を買付、日本全国に供給し続けている会社です。東日本大震災により、本社社屋、工場が津波によって流されましたが、その後も営業再開し、美味しい三陸の海の幸を全国に供給しています。

【特徴2:水産業界の曲がり角】
日本の海域の天然水産資源は年々減少しています。乱獲、環境汚染、廃業・・・、水産に関わるニュースは決して良いニュースばかりではなく、業界自体が変革を求められています。今後天然資源が採れなくなっていったら、漁業に携わる仕事はどうなっていくのでしょうか?まさに業界が衰退していくか、成長していくかはこれから創り出す仕事にかかっています。今まさに会社としての変革を求められている時期であり、新しいことへのチャレンジが必要です。

【特徴3:新事業へのチェレンジ】
「水産」「魚」「海」「漁業」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?思い浮かんだ全てのことがビジネスチャンスであり、この業界を買えていくキーワードになります。ビジネスは自由で面白い世界です。布施商店では、会社のアイデンティティは残しながら、新しい水産事業へのチャレンジを推進していきます。


布施商店の跡継ぎが頭に思い描くのは、ずっと未来にある石巻の水産業のカタチ。

「会社の目の前にある海を海上遊園地にできないかな?」

外の世界を見てきた大手総合商社出身の跡継ぎには「加工会社は〜〜であるべきだ」という固定概念が全く無い。
だからこそ、口から飛び出すのは真っ直ぐでワクワクせずにはいられないアイデアたち。

「学生の相手は自分が直接したい」「学生に相談相手になってほしい」

営業や企画で忙しいにも関わらず、大学生と共に新規ビジネスを一から立ち上げたいと話すこの跡継ぎ。

大手総合商社のノウハウと壮大な夢を抱く若き跡継ぎ × あなたの素晴らしいアイデアの種
この春、その答えを見つけに布施商店でインターンシップしてみませんか。

私たちはこんなチームです!

食を通じて感動をお届けすること

魚市場には、漁師の皆さんが人生をかけて捕ってきた魚が水揚げされ並びます。その質を見極め値段をつけ、世の中に流通させていくのが、仲買人の仕事です。魚はすぐに劣化していくので、そのまま出荷されるか、加工されるか、冷凍されるかのどれかの道をたどります。布施商店では、買付けた魚を選別し、加工したり、そのまま出荷したりお客様の要望に合わせて流通させています。会社のモットーは「食を通じて世の中に感動をお届けすること」。新しい時代の世の中で魚を流通させるために、本当に必要なことは何なのか。その問いを愚直に追い求める企業です。

インターン生へのメッセージ

FROM: 布施三郎

あらゆる食のカテゴリーの中で、天然資源を扱う食品は多くありません。その中でも「魚」は、その多くを天然資源に頼っており、それだけに固有のビジネスモデルや文化が作られてきました。良い部分もあり、悪い部分もあり、全部ひっくるめて水産業界だと思います。僕は、良い部分をもっと伸ばすために、新しい発想で挑戦を続けていきたいと思っています。是非、若い学生の皆さんの力を貸してください!

プロフィール

募集対象大学生
期間短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ農林水産・6次産業/起業・経営支援
職種企画・商品開発/新規事業
活動支援金なし
仕事内容●STEP1【1週目:会社の仕事を知る】
・石巻魚市場での買付や工場での加工など、現場を体験。実際に会買付の現場に立ち会ってもらったり、会社が仕入れる水産品の加工をお手伝い頂きます
・現在の日本における水産業の仕組みや現状を知って頂き、会社が抱える課題を考えて頂きます。

●STEP2【2週目:新事業の立ち上げ支援(ブレスト・リサーチ)】
・これからの時代を勝ち残れる、「布施商店」の新規事業を一緒に考えます。
・新規事業の実行、目標達成に必要な要素をリサーチします。

●STEP3【3~4週目:新事業の企画・実行】
・新規事業を企画し、実行フェーズに進みます。企画実行に必要なハード、ソフトを具体化し、実際に打ち合わせに参加して事業を推進していきます。

※STEP2~3については、状況によっては既に決まっている新規事業の実現に向けたプロジェクトメンバーとして一緒に動いて頂く場合もございます。
期待する成果・若い柔軟な頭でこれからの水産業に必要な事業を考えること
・実際に手足を動かしながら事業推進に向けて動いてもらうこと
得られる経験・0からの新規事業の立ち上げを経験できる
・水産業界のリアルな一面をのぞける
対象となる人・水産業界を体験してみたい人
・新しいことに挑戦することが好きな人
活動条件【活動期間】2019年2月13日から3月15日までの1ヶ月間
【活動時間】8:30〜17:00 週5日程度
【宿泊】フィッシャーマン・ジャパンのシェアハウスTRITONに滞在(詳細は面接・説明会時に説明)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウスを予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(担当:松本、連絡先:0225-98-7071、internship@fishermanjapan.com)までお問い合わせください。
活動場所宮城県石巻市魚町
事前課題