募集中

東北
世界中から民泊者が集まるまちへ!民泊×郷土芸能の新サービスを担え

民泊の新たな価値を創り出し、地域住民のシビックプライドを育む

年間2千人以上の民泊をコーディネートするマルゴト陸前高田。民泊を通じて住民が自信と誇りを取り戻し、世界中の旅行者を民泊で迎えられる地域づくりに向けて、民泊×郷土芸能のプラン作りに挑戦してもらいます。

このプロジェクトについて

■特徴1:地域資源と学びを結び付け、交流人口拡大に正面から向き合う
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の人口は、震災前から約15%にあたる5千人が減少し、現在では2万人を切りさらに減少を続けています。ハード面での復興まちづくりが進む一方で、人口減少がもたらす課題を解決する為にも交流人口の拡大は重要な取組の一つです。一般社団法人マルゴト陸前高田はその課題に向き合い、ヒト・自然・産業等の地域資源と「学び」を結び付けた事業展開をしています。全国の行政、企業、学校等を対象に復興最前線ツアーや、一次産業体験などをコーディネートし、市内外から期待と信頼を寄せられる地域おこしプロデューサー集団を目指しています。

■特徴2:地域に伝わる郷土芸能を体験できる民泊へ
マルゴト陸前高田がコーディネートする民泊は2016年からスタートし、2年間で2300人の受入れを実施、民泊協力家庭も180軒になりました。修学旅行や企業研修で使われることが多く、2018年度は中学・高校の修学旅行生だけで2500人の受入れになる見通しです。単なる滞在手段としてではなく、普段通りの暮らしの中で「生活体験」を共同ですることによる地域との関わり、自然からの恵みがある暮らし、人と人との絆を体感する事を軸に考えられた民泊利用のニーズは年々高まっています。
団体での民泊利用は年々増えている一方、個人旅行者や外国人観光客の民泊利用は年間数名程度で、魅力づくりと魅力発信はまだまだ試行錯誤段階です。修学旅行等の時期は集中することが多く、年間を通じて民泊を実施し地域に根付かせていくためにも、陸前高田市ならではの民泊を個人旅行者や外国人観光客に発信していきたいと考えています。
そこで着目したのが地域の誇り・郷土芸能です。地域行事にも積極的に参画し地域住民と深い繋がりを持ち、陸前高田市で民泊事業を立ち上げたマルゴト陸前高田だからこそできる、民泊と郷土芸能を組み合わせたプラン開発に挑戦したいと考えています。そこでインターン生には、まずは地域で活動している郷土芸能団体についてリサーチし、協力してくれる団体を発掘してもらいます。そして郷土芸能を体験できる民泊プランを企画し、自らもモニターとして参加・体験すると共に、3月に予定されている「三陸国際芸術祭」に訪れるゲストを招いて実践し、一連の流れを記録した広報ツール(ムービー、チラシ等)を作成してもらいます。
民泊の新たな価値を共につくり、民泊の可能性を地域に広げていきましょう!

■特徴3:民泊を通じて育むシビックプライド
マルゴト陸前高田で新規事業開発を担っている永田さんは、民泊のさらなる可能性を見出し、民泊をもっと地域住民のものにしたいと日々奮闘しています。民泊を通じた出会いと経験は、利用者だけでなく受入家庭にも心の振れ幅を生み出します。それが、震災で多くを失った地域住民が誇りや自信を取り戻し、シビックプライドを育む機会になると考えています。地域に飛び込み、共に挑戦するインターン生を待っています。

私たちはこんなチームです!

陸前高田の絶えざるアクションをデザインする

一般社団法人マルゴト陸前高田は、2014年4月に陸前高田観光物産協会内の専門部会として発足した「まるごとりくぜんたかた協議会」を経て2016年4月に一般社団法人として独立しました。

Mission:陸前高田の絶えざるアクションをデザインする
Vision:市内外から期待と信頼を寄せられる地域おこしプロデュサー集団になる
Value:地域の人・資産・可能性を耕しながら市内外をつないでゆく

という理念を掲げ、東日本大震災によりかけがえのない日常を失ったこのまちだからこそ伝えられる「学び」を軸に、研修や視察のツアーコーディネートや民泊事業等を行っています。
陸前高田市のことを想う市民=ファンづくりに向けて、絶えざるアクションを続けています。

インターン生へのメッセージ

FROM: 伊藤 雅人

気仙地域の郷土芸能は世界的に見ても非常に価値があり、民泊と組み合わせることでさらに魅力的な体験となります。新サービスの立ち上げに向けて一緒に汗をかける方を求めています。
まずは自分が楽しむこと!そして自分が感じた気持ちを言葉や文字にのせてどんどん発信して欲しいです!
地域の誇りである郷土芸能を一緒に面白がり、感動し、好きになってもらいたいと思います。

プロフィール

1990年 佐賀県唐津市生まれ、5歳から母の実家である陸前高田市で育つ
2009年 岩手県立大船渡高校 卒業
2013年 名寄市立大学 卒業
2013年 社会福祉法人 陸前高田市社会福祉協議会 入社
2014年 まるごとりくぜんたかた協議会(観光物産協会内の専門部会)入社
2016年 観光物産協会から「一般社団法人マルゴト陸前高田」として独立・法人化し、教育旅行チームとして民泊の立ち上げに携わる
2018年 企業CSV推進チームへ異動。企業様の研修、民泊×郷土芸能プログラム、障がい者スポーツへの取り組みなど幅広く活動中

一般社団法人マルゴト陸前高田 ホームページ
http://marugoto-rikuzentakata.com/

1990年 佐賀県唐津市生まれ、5歳から母の実家である陸前高田市で育つ
2009年 岩手県立大船渡高校 卒業
2013年 名寄市立大学 卒業
2013年 社会福祉法人 陸前高田市社会福祉協議会 入社
2014年 まるごとりくぜんたかた協議会(観光物産協会内の専門部会)入社
2016年 観光物産協会から「一般社団法人マルゴト陸前高田」として独立・法人化し、教育旅行チームとして民泊の立ち上げに携わる
2018年 企業CSV推進チームへ異動。企業様の研修、民泊×郷土芸能プログラム、障がい者スポーツへの取り組みなど幅広く活動中

一般社団法人マルゴト陸前高田 ホームページ
http://marugoto-rikuzentakata.com/
募集対象大学生
期間短期(3週間〜2ヶ月)
テーマ地域/文化・伝統産業
職種企画・商品開発/マーケティング・広報
活動支援金あり
仕事内容民泊×郷土芸能のプランを企画・実践し、地域内外へ発信する。

【STEP1(1〜2週目)】
●事業理解、地域理解、郷土芸能団体への訪問準備
・ツアーや研修業務の補助を通じて事業や地域を理解する
・民泊受入家庭への説明や実際の民泊コーディネートの補助を通じて、受け入れの流れを理解する
・過去の民泊利用者から民泊時の体験談や民泊の魅力を聞く
・地元の郷土芸能団体についてリサーチし、訪問先を検討

【STEP2(3〜4週目)】
●体験を通じたプランづくりと広報素材集め
・作成する広報ツールを社内提案し、方向性を決定
・郷土芸能団体を取材、体験し、民泊との組み合わせを検討
・取材、体験をしながら広報ツールの素材を集める(写真や動画の撮影等)

【STEP3(5〜6週目)】
●民泊プランの実践、広報ツールの完成
・3月上旬に予定されている「三陸国際芸術祭」の期間中に郷土芸能を体験する民泊プランを実践
・実践している民泊の受入フォローをしながら取材をし、広報素材を集める
・広報ツールの完成、地域内外へ発信(チラシ配布、WEB公開等)

※日々の活動をSNSで発信
期待する成果郷土芸能を体験できる民泊プランの開発と広報ツールの作成
得られる経験・多くの地域住民との交流を通じて多様で深い関係性を生み出す経験
・伝統や文化を活かした事業の企画〜広報を実践できる
・地域での仕事や暮らしを肌感覚で学ぶ経験
対象となる人・民泊の推進や活用を通じた地域づくりに関心がある人
・初対面の人とも積極的にコミュニケーションが取れる人
・郷土芸能に関心があり、地域の人とともに体を動かすことが好きな人
活動条件【期間】
平成31年2月上旬~3月中旬(最低1ヶ月間、最大1.5ヶ月間) ※それ以降は長期に切り替え

【活動頻度】
週5~6日(土日・祝日は基本休みですが、企画運営の予定等により変動があります)

【活動時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、企画運営の予定等により変動があります)

【宿泊】
陸前高田市内での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】

・エリア内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)の補助があります。
・宿泊場所は現地で準備しています。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円の補助があります。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。
※「復興・創生インターン」に関するご質問・ご相談・事務手続きなどは、統括事務局の株式会社パソナ(担当:高橋・武田、連絡先:03-6262-6340)までお問い合わせください。

※このプロジェクト・活動内容についてのご質問・ご相談は、NPO法人wiz(担当:八田、連絡先:intern@npowiz.org)までお問い合わせください。
活動場所岩手県陸前高田市高田町字鳴石50番地10
事前課題有り(詳細はエントリー時に説明します。)